【必見】パートナービザ申請時に必要な書類の詳細をわかりやすく紹介!

6 min
パートナービザ申請必要書類
チョコ

チョコ

こんにちは!メルボルン在住2年目のチョコ@aussieboykbです。

今回は2019年にオーストラリアでパートナービザを申請した時に必要だった書類を紹介します。

実際に移民弁護士から言われたことを詳細まで細かく書いているのでぜひ参考にして下さい。

移民弁護士を雇うことを検討している人は下記の記事も参考にどうぞ。

【実話】オーストラリアでパートナービザ申請時に移民弁護士に支払った料金はいくら?

遠距離恋愛からオーストラリアで結婚する場合の問題

私とオーストラリア人の旦那さんは日本とオーストラリアで約4年の遠距離恋愛を経てメルボルンで結婚しました。

それまで一緒に住んだことはもちろんありません。

私自身、オーストラリアに住んだことが一度もありません。

この上記の2つがビザを申請する上で大変な問題でした。

オーストラリアで知り合って一緒に住んだことがあるカップルや、日本人側がワーホリや学生ビザなどですでに数年オーストラリアに住んだ経歴があるというパターンと違うからです。

私と旦那さんの場合は、遠距離恋愛中もしっかり付き合っていたのか、どんな付き合いをしていたのか詳しく証明しなければなりませんでした。

チョコ

チョコ

とても細く証明が必要だったのでその詳細もしっかり紹介しますね!ご安心を。

オーストラリアでパートナービザ申請時に必要な7つの書類

現在はスマホやパソコンがあるので会話の履歴などたどればすぐに見れるので本当に助かりました。

書類はすべて英語です。

申請したビザの種類はPartner visa(temporary) subclass820とPartner visa(permanent) subclass801です。

そして、移民弁護士を雇いました。

移民弁護士の料金やビザ申請時の料金についてはこちらの記事に詳しく書いています。

【実話】オーストラリアでパートナービザ申請時に移民弁護士に支払った料金はいくら?

遠距離恋愛中の会話履歴

スクリーンショットした会話ヒストリー

私の遠距離恋愛中の会話の手段は、フェイスブックのメッセンジャーが主でした。

出会い、付き合い始め頃からの会話履歴をスクリーンショットします。

  • 上記の写真のように年月日が入るようにする
  • 1ヶ月に1、2枚の会話のやりとり

スクリーンショットした画像をWordやグーグルドキュメントに貼り付けます。

A4サイズに6枚ほど貼り付けて各写真ごとにちょっとしたコメントを入れます。

例えば「日本は桜の季節で桜の写真を送った(英語で)」

など。

ここが重要!

会話の内容で、今後の予定を決めていたり、将来の話をしていたり、「おはよう」「おやすみまたあした」などの会話が入っている方が良い!あと、写真を送り合っているなら写真入りも良いです。(お互いの写真や家族の写真などはより良い)

継続的に連絡を取っているということがわかる証拠になります。

チョコ

チョコ

私の旦那さんは少しだけ日本語ができるので日本語で会話しているチャット写真も含めました。
英語だけではなく相手の母国語の言葉を少しでもできるというのは良い証拠になると聞いたことがありました。

2人の写真をアルバム化する

今までに撮った写真を出会い〜交際が始まって今に至るまで古い順にアルバムを作ります。

Wordやグーグルドキュメントに、年別で分けてA4サイズに6枚くらいの写真を貼り、各写真の下に下記の内容を記入します。

  • 写真を撮った場所
  • 年月日
  • コメント付き 例)2018年8月1日にグレートオーシャンロードに行った時に撮った など。

出会いから結婚式の写真まで5年間の思い出の写真をピックアップしました。

ここが重要!

この写真選びの時に、お互いの友人や家族と写っている写真を最優先してください。後は2人で旅行に行った時や、遠距離中に送りあったお互いの写真も含めたら良いです。

チョコ

チョコ

私は2015年〜2019年の期間で計71枚程貼り付けました。

2人の交際についての文章

これはリレーションシップステイトメントとと言います。

お互いそれぞれ文章を書かなければなりません。

  • 出会いはいつか
  • いつ交際が始まったか
  • 2人で旅行に行った時
  • 友達や家族に会った時

例)2018年に初めて彼の家族に会って、一緒に晩御飯を食べました。
例)2017年8月5日に彼とグレートオーシャンロードに行きました。
※すべて英語です

など詳しく書きます。

年月日もわかるなら詳しい方が良いです。

ここが重要!

この中で2つとても大切なのが「初めて出会ったのは何年何月何日どこで」「何年何月何日いつから交際が始まったのかどんなシチュエーションで」という文章です。

これは弁護士から言われました。

幸い両方ともしっかりと覚えていたので難なくクリアでした!

さらに、

この文章の中に気持ち(feeling)を入れ

例)彼から告白をされた時、とても嬉しくて涙が出ました。これからもずっと一緒にいたいと思いました。

などです。

出会った時からの思い出と気持ちを思い出しながら英語で書いて行くだけと思ったら良いです。

チョコ

チョコ

作文を書くような感じですね。私はA4サイズ2枚くらい書きました。提出後に、お互いのものを読み合いましたが、思い出を思い出すだけで涙が出ました。

2人それぞれの過去10年の海外渡航歴

何年何月何日にどこへ行ったかをワードかグーグルドキュメントなどに古い順から箇条書きます。

飛行機のチケットなどをメールの履歴から検索して、全てはパスポートの出国、入国のスタンプの日付と照らし合わせて書き出しました。


一緒に旅行した際にの飛行機のチケットや領収書があればそれも提出します。

チョコ

チョコ

過去の飛行機のEチケットなど使うなんて思ってないのでいくつかメールを消してましたが、パスポートのスタンプに救われました。

遠距離中にメルボルンで使ったクレジットカードの履歴

遠距離恋愛中、私がメルボルンに来ている時に2人で使ったお金の履歴証明を提出する。

一緒に住んだことがないので遠距離中に「お互いのお金を一緒にお金を使っている」証明がいるのです。

2人で使う生活に必要なものを買った時、ランチやディナーで食べたものなど、日付や内容まで詳しく書きます。

例はこんな感じです。

7th July         AUD 25.00TARGETsome items of our clothing
8th July         AUD 46.32WOOLWORTHSbought our food for breakfast, lunch and dinner.

クレジットカード会社のホームメージから出せる分だけメルボルンで使った履歴を出しました。

そして、グーグルドキュメントに書いて提出しました。

チョコ

チョコ

私がメルボルンに来た時は私が作る料理は全て私のカードで支払っていたので、私のクレジットカードの履歴を見て英語で表にして書き出しました。

メルボルン滞在中にネットショッピングした領収書

これはとても良い証拠になると言われたので、私のような遠距離から結婚の方は必見です!

遠距離中にメルボルンに来た時にネットショッピングをして、彼の家の住所に送ってもらっていた商品の領収書が良い証拠になると言われました。

ここが重要
  • 自分の名前で注文し、住所や電話番号は彼のものというところ。

チョコ

チョコ

私はメルボルンの数カ所のアクセサリーショップでオンラインショッピングをしていたので、その時の領収書がメールで残っていたのでスクリーンショットして送りました。

オーストラリアの銀行で2人の銀行口座ジョイントアカウントを作る

オーストラリアには「Joint account(ジョイントアカウント)」という銀行口座があります。

パートナーと二人の銀行口座という意味です。

このジョイントアカウントを作る必要があります。

彼と一緒に銀行へ行き、彼側は運転免許証やパスポートなどの身分証明書、私側はパスポートを持って作ることができました。

婚約してから作ったので当時私はまだ観光ビザのままでした。

チョコ

チョコ

正式に結婚後に結婚証明書とパスポート(名字が変わった状態の)を持って名前の変更へ行きました。

カップル2人を知る証人2名に証明書を記入してもらう

私と旦那さん2人の関係を良く知る「Witness」と呼ばれる証人が2人必要で、その2人にForm888 を記入してもらいます。

カップル2人の交際中のことをよく知る2人が必要です。

私達の場合は、彼の父親と彼のシェアメイトの男性に依頼しました。

  • 2人が交際中はどんな関係だったか
  • 2人がどのくらいから付き合っていたのか
  • 一緒にご飯を食べたり遊びに行ったか

私と彼のカップルの関係を本物だと第三者に証明してもらうものです。

チョコ

チョコ

一人は家族の中の誰か、一人は友人というパターンが証拠として強いです。

パスポートと出生証明書、結婚証明書をスキャンして提出

の物をスキャンして提出です。

  • 2人のパスポートのコピー
  • 2人の出生証明書(Birth certificate)日本人の私はNATTIに翻訳してもらったもの
  • 結婚証明書(Marriage certificate)

NATTIについてはこちらに書いています。

結婚する時に出生証明書の翻訳はすでに持っていると思うので、ビザ申請の時はその用紙をスキャンして提出したら良いだけです。

事前準備が絶対おすすめ!Form80の記入をして提出

オーストラリア政府HP「Character documents」のForm80よりダウンロードして記入できます。

全部で18枚ありました。

大丈夫です。

前もって準備ができるので、できる時に準備を!

特に下記の部分です。

すべて自分の過去のことです。

  • 過去10年住んだ住所(年月〜年月までの期間も含む)
  • 過去10年オーストラリア以外で行った国(年月日〜年月日までの期間と目的)
  • 今までの就労歴、会社の住所や電話番号(働かなかった時期も全て記載)
  • 今までの学歴(小学校〜)
  • 今までオーストラリアに来た日にち、期間、目的、ビザの種類

あとは、自分自身、パートナーの詳細と家族の生年月日や住所などです。

チョコ

チョコ

学校や会社は名前さえ覚えていればネットで調べて住所や電話番号はすぐに出せるので簡単です!

最後に

私が移民弁護士さんと直接話をして頂いた大事なポイントを中心に、パートナービザ申請時に必要な物や書類の紹介でした。

「ビザの申請って大変って聞いてたけど思ったより大丈夫だったな」

と少しでも感じていただけたら嬉しいです。

全てもちろん英語ですが、私でもなんとかなりました!

表現法や誤字脱字などは移民弁護士さんが訂正してくれましたのでこれも安心でした。

【実話】オーストラリアでパートナービザ申請時に移民弁護士に支払った料金はいくら?


ちなみに、私がビザ申請したのは2019年です。

オーストラリア政府のビザに関する情報、金額などは頻繁に変わります。特に金額や月日などは自分の目で最新の情報をチェックしてください。

これも全て大好きなパートナーと一緒にいれるための準備です。

これからは遠距離で会えなくなることはなくずっと一緒にいれるので、そのために一つずつ頑張ってください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA